2017年6月27日火曜日

大好きなゴルフ

~患者さんからの声~70代男性

人工膝関節置換術を行い6年が経ちました。
今では、大好きなゴルフを膝の痛みなく行えるようになりとても毎日が楽しいです。

ひざが痛いときには、毎日家から出るのがおっくうで仕方ありませんでしたが今は外出するのが楽しくてしょうがありません。

ゴルフ中でも周りの人から「ひざの手術をしてる」という話をすると驚かれます。
自転車にも乗ることができ、ゴルフを行う場所まで自転車を30分こいで行くこともできるようになりました。

毎日7000歩~8000歩平均で歩くことができ、多い時では20000歩~30000歩くらいひざの痛みなく歩くことが出来ます。
これからもどんどん外出をして自分の好きな事に時間を費やしていきたいと思います。

今回も健診の際に嬉しいご報告をいただきました。
ひざの痛みから解放され自分の好きな事に時間を費やしている患者さんはとても毎日が充実しているようでした。
ゴルフをされているのでもうすでに真っ黒に日焼けをされていました。
また来年の検診時にも嬉しいご報告お待ちしています。

(写真は患者さんの許可を得て掲載させていただいています)


好きな卓球や筋トレも毎日の日課に!

~患者さんからの声~

術前はひざの痛みで車いす生活まで考え、落ち込んでいた私が野村先生に手術をして頂きリハビリ、筋トレを続けて8年目になります。

昨年からは卓球が出来るまでになり、ひざの痛みのない笑顔での毎日が夢のようです!

野村先生はじめ関係者の皆様ありがとうございました。
そして感謝しています。

以上、患者さんからの手紙より。


現在も毎日1時間程度のウォーキング、週4~5回の筋トレ、好きな卓球は週2~3回続けていますとの笑顔でお話をされていました。
来年の検診の際にもまた新しいお話を楽しみにしています。
(写真は患者さんの許可を得て掲載させていただいています)




2017年6月20日火曜日

小学校の同窓会

~患者さんからの声~

両側人工膝関節全置換術後2年を経過した患者さんが定期受診に来られ、嬉しいご報告をしてくれました。

今年初めに東京・日本橋にて小学校時代の同窓会があり参加してきたとのことです。

今までは膝痛もあり思うように参加できなかったようですが、術後は問題なく参加することができ日本橋の街を歩くことも問題なかったそうです。

患者さんは、「もう少し早くすれば良かった」と繰り返しお話しされていたのがとても印象的でした。

手術を受けることはとても不安であり大変な勇気がいることだと思いますが、このように術前の痛みから解放され、行動範囲が広がること、そして何より自分のやりたいことが出来るようになった患者さんはとても嬉しそうでした。

また、嬉しいご報告をお待ちしています。

(写真は患者さんの許可を得て掲載させていただいています)

社交ダンス

術後の定期受診を受けにいらした患者さんの声です。


「手術をして3年経過し、週に社交ダンスを2回続けています。自主トレもしっかり行っていて、週に2回はしっかりと膝周囲をストレッチをしています。」

「やっぱり好きなダンスが出来て楽しい!以前はダンス中に痛みが出て休まなければならなかったけど、今は大丈夫!」とおっしゃっていました。

現在は、友達と旅行や一人でも旅行に行くことが出来るそうです。

術後、好きなダンスや旅行、そしてしっかり膝のケアも行っているようです。
来年も定期受診の際には新しいご報告をお待ちしています!
(写真は患者さんの許可を得て掲載させていただいています)

2017年6月19日月曜日

日本舞踊

術後の定期受診にいらした患者さんの声です。

術前から日本舞踊を踊っていましたが、膝の痛みが強くなり踊ることが出来なくなってしまったそうです。

手術することに最初は抵抗がありましたが、「どうしても好きな日本舞踊をもう一度踊りたい」と強い思いで手術を決心されたとのことでした。

術後からリハビリに積極的に取り組み退院後も外来でリハビリに通い、術後2か月目には踊りを開始できるまで回復したそうです。

今では週1回、膝の痛みもなく日本舞踊を踊ることが出来ていると嬉しいご報告を受けました。

次回の定期健診時にもまた新しいご報告をお待ちしています。
(写真は患者さんの許可を得て掲載させていただいています)

2017年5月17日水曜日

術後半年でコンサートに行ってきました!

手術後半年の方が先日検診にいらっしゃいました。

手術前は膝の痛みがあり行けなかった、好きな歌手のコンサートも手術後は膝の痛みもなく電車で習志野まで行ってきました。
周囲の友人達からは「姿勢が綺麗になった」、「歩き姿が変わった」などの声を聴き、とても喜んでいらっしゃいました。

半年の検診では手術前より筋力が回復しており、自転車を使用して今では仕事にも復帰しているようです。

これからも趣味を楽しんでいただきたいですね。
※写真は患者さんの了承を得て掲載させていただいてます。





2017年3月15日水曜日

膝の痛みがとれて趣味を楽しんでいます


手術後4年で、趣味を楽しんでいる方が先日検診にいらっしゃいました。



手術前は膝の痛みがあり、外出されなかったようですが、退院後すぐに趣味を見つけて習い事を始めたそうです。



ワンストロークといって、平筆一本で2色の絵の具を使い、グラデーションを描いていくペイントアートです。

手術後は膝の痛みも取れ、趣味だけでなく、階段も可能となったため、年3回ほど旅行を楽しまれているそうです。

「広島や上高地に行きました。3月は京都です。」と、笑顔でお話しされているのがとても印象的でした。

膝の痛みが取れると活動の範囲も広がり、楽しみなことが増えて良かったですね。